通訳ガイド試験勉強の記録

50を過ぎて通訳ガイド試験(通訳案内士)を目指す勉強の記録

帯状疱疹に罹りました。ついでに英語の勉強。

神津島の御朱印の前に…

帯状疱疹になってしまいました。激痛です。

雅子様も公務を休まれる理由になるという、帯状疱疹です。

いや、これ、本当に痛いのです。

 

最初は…

虫に刺されたのかと思いました。右の肋骨の下辺り。

あれ、洋服の中に虫でも入っていて、刺されたのな?って言う感じ。

まとまって幾つかの赤い発疹。

かゆいなあと。それで、市販のかゆみ止めを使いました。

それが、本当にフツーのかゆみ止め。ムヒ。

これがGWの終頃の話し。

 

それから10日。

全然治らないな。おかしいなと思いながらムヒを塗ったりしているうちに

なんか掻き壊してしまったみたい…。

赤い7センチ四方の塊のような部分ができていたのですが、2、3新しく赤い部分が周囲にできていました。痛痒いです。

 

そして5月15日。

文楽を見に行ってたんですね。

じっと座っているのにお腹が痛い。お腹って、あの虫さされのあたり。

あれれ?痒いはずなのに痛い。周囲の皮膚一体の違和感と、もう痒みじゃない、これは

痛み!!という感覚が襲ってきました。

 

家に帰って検索してみると多分帯状疱疹

画像検索してみたら、やっぱり帯状疱疹

其の頃には痛みがひどくなってきて、

・呼吸しても痛い。

・時々息を止めたくなるような強い痛みがする。

・肋骨を押してみるとものすごく痛いところがある(最初肋骨が折れたのかと思ったくらい)

・寝ても痛い。

・起きてても痛い。

 

翌日朝、皮膚科へレッツラゴー

で処方された薬は

ロキソニン

・アズクレニン

・バラシクロビル500㎎

 

でした。

痛み止めを飲んでいないと、座っていても痛いという状況が続いています。

劇症な時期は過ぎた方思いますが。

寝たり起きたり、家事もできず、集中して本も読めずという数日をすごしました。

その時期が過ぎて、今は痛み止めが聞いてさえいればなんとかなります。

飲んでいないと辛いです。いつ終わるかわかりません。薬の処方は5日だったので

今は他の疾患の時に処方してもらったロキソニンが余っていたので飲んでます。

 

ロキソニンは市販でも購入できますが、処方してもらったほうが安いと思います。

 

バラシクロビルも買えるみたいですが、自己責任で。これも処方してもらったほうが勿論安いです。

www.fundacioirla.org

で、英語で帯状疱疹ってなんていうの?

あまり、というか今までに一度もこのような単語を使う機会がなかったので調べてみました。

Herpes zoster

というのですね。

その他に“shingles”、“zona”ともいうようです。

 

ノバルティスファーマのサイトに病気に関する英語記事がまとまっていました。

病院での英会話:ノバルティス ファーマ株式会社

こちらには

”I have blisters on my skin from my back to my chest. It hurts so much I can't sleep at night."

という、まさに今回の症状を訴えるにぴったりの文章が紹介されていました。

 

簡単ですが、このページにはいろいろな記載があり結構使えると思いますよ。

で、神津島の御朱印は次回へ。